CSVファイルがあって、それを一気にSQL文に変換してpgAdmin3にぶっこんで処理してしまいたいこと、ありますよね。
そんなとき便利なのがAWK。
Windows用のAWK(gawk)はここでダウンロードできます。
解凍してgawk.exeをsystem32フォルダなどにコピーしておくと便利。

WindowsのコマンドプロンプトでAWKを使う場合、シングルクォート(’)が使えませんので、手続きファイルを用意して、そこに処理を書くのが吉のようです。


3,1,1
3,1,1
4,1,1

みたいなCSVファイル(ここではdata.csvとします)がある場合、
 


{
print "INSERT INTO test(a, b, c) VALUES(" $0 ");"
}

という手続きファイル(ここではtest.awkとします)を用意。
 
で、


gawk -f test.awk data.csv > test.sql

とすれば、一瞬でSQL文に変換できちゃいます。
便利。